塾講師として採用され授業をする姿です

塾講師に採用されて得をした友人

塾講師として採用され働き続けていくと、得をしたと感じる場面に出くわすことも何度かあります。
私はこれまでの塾講師生活の中でそれを実感したことが多々ありますが、私の友人の場合はかなり美味しい思いをしたことがあるようです。

それは教え子が修学旅行に行ったり家族旅行に行った後には、おみやげを買ってきてくれることがあるということです。
旅行期間中は塾を休むことになるので、その欠席理由が事前に伝えられることがあります。
その時に旅行による欠席の生徒は高確率でおみやげを買ってきてくれます。
日ごろ多忙な友人は、生徒が買ってきてくれるおみやげが実は何よりの楽しみだと笑いながら言っていたことがありました。

またバレンタインデーやホワイトデーなどには生徒からチョコやクッキーをもらえることがあります。
これは所謂義理チョコなのですが、その気持ちが嬉しかったりもします。
数年前に入ってきた若手の塾講師の場合、採用後に一番嬉しかったことは何なのかを聞いてみました。
すると、生徒を志望校に合格させたことでご両親から非常に感謝されたということを得したエピソードだと言っていました。
塾講師に採用される前はそんなに得することは無いだろうと思っていましたが、実際に採用後に働いたら結構得をすることがあるのだということがわかりました。

塾講師に採用され、瞬く間に人気講師になった友人

塾講師として採用されたMは、塾講師という仕事を熱望していた訳ではなく稼ぎの手段として考えていたようです。
しかし、塾講師として働くうちに仕事が好きになってきて積極的に打ち込むようになりました。

友人が言うには、全ての学生が目をキラキラさせて自分の話を聞いているのでアドレナリンが分泌されるような感覚があるとのことです。
学生が夢に向かって必死に頑張っているので、こちらもそれに応えなければならないという使命感が出ます。
採用された当初は塾講師としての仕事にビジョンを見出せず戸惑っていましたが、人気が出るようなコツを掴んでから一気に飛躍しました。
そのコツをつかんだきっかけは、「勉強の話を淡々としていると窮屈な空気になってしまい勉強が滞ってしまう」という所にあったそうです。
その経験から、雑学やジョークなどを挟んで息抜きをさせ、学生に気持ち良く勉強できる雰囲気づくりをするようになりました。
もちろん雑学やジョークだらけだと逆効果ですが、適度に挟むことで面白い講師という印象になります。

採用までの道のりは決して簡単なものではなかったようですが、最終的に塾の看板講師のような立ち位置になっているので努力の結果です。
今では友人も人材の採用に関わっており、塾の全体を考えています。
参考サイト